ヨリミツグループで働くメリット

1充実した研修内容

接客研修、技術研修、オペレーション研修、リーダー研修など各種研修を用意しています。

これらを定期的に研修することによって、施術技術、接客、経営について独立しても十分にやっていけるだけの技術、知識が身につきます。

2コンサルティイング会社と連携している

運営しているのは治療院だけでなく、治療院の経営コンサルティイング会社も関連会社として運営しています。

そこから得てきた経営ノウハウを使って運営するので、治療院が簡単に時代の波に飲まれてしまうことはありません。

また、治療院の成功事例をコンサルティング会社でエリアのかぶらない他の治療院へも提供して治療院業界全体の経済の循環を良くしています。

3トレーナー活動

希望者にはトレーナー活動をすることが出来ます。
現在は、岡山県競泳、シンクロのチームをヨリミツグループで診ています。
この活動に希望者は参加することが出来ます。

4連休がある

治療院業界ではまだまだ連休をしっかりとれる治療院は少ないのではないでしょうか?

完全とはいいませんがシフト制で「GW」「お盆」「年末年始」の休みをとれるのでプライベートも充実させることが出来ます。
スタッフの中には毎年夏祭りのイベント時期にお盆休みをとっている人や、長い連休はいらないので連休を分けてとったりしているスタッフもいます。

5独立制度がある

分院長から独立して独自運営にすることも可能です。

独自運営に切り替える場合は前年度売上の3倍の価格で店舗をずべて院長先生に売却致します。

独立後もコンサルティング会社からのサポートを受けることが出来るので(有料)店舗運営に関しても安心して行うことが出来ます。
※売却の際リースもすべて売却先にて精算してから、売上の3倍の金額となります。

6中国四国でナンバーワンの治療院を目指しています

中国四国で店舗数、売上規模、施術の質、に関してNo.1を目指しています!

質の高い仲間と一緒に成長していきましょう!

7やりたいことにドンドンチャレンジできる

社長の依光はしっかりとした提案ができれば社員の提案をしっかりうけとめて実行に移していきます。

あなたのアイデアで会社をよくしてください!

8決まった施術方法では施術しなくて良い

整骨院にありがちな「とりあえず全体的にマッサージして・・・」この様な流れはありません。

新人の施術者はある一定の施術技術を身につけたら後は自分の好きなように施術を出来ます。

注意されるのは明らかに危険な手技をしている時だけです。

※カイロ手技の首のアジャストなどは禁止させてもらっています。

9福利厚生が楽しい

なにかを達成したお祝いに海でBBQや飲み会を開催します。

まだ実現は出来ていないですが社員旅行も企画しようと思っています。

あなたはどこがいいですか?沖縄ですか?北海道ですか?


ただし残念なお知らせもあります

ヨリミツグループで働くデメリットも当然ですが存在します。

厳密にいうとデメリットではないのですが、こういう人材はグループには必要ないというイメージを箇条書きにしてみました。

1マナーをしらない

礼儀を知らない人は患者さんにも迷惑をかけますのでここにはいらない人材です。

2敬語を使えない

敬語を使えない人はこの会社では注意をされるばかりで、既存社員が仕事に集中できなくなります。なので敬語を使えない人はこの会社にはいらない人材です。

3仕事を頑張れない

仕事を頑張れない人は、なにをしても成長をしない人です。
ここにはいらない人材です。

4行動が出来ない

スグに行動に移せない人はなにをしても、どのみち出来ません。
どこに行っても何も出来ない人だと思います。
私達は中国四国で一番の治療院グループを目指しています。ここには必要のない人材です。

5なんでも言い訳をする

言い訳をしていたら何事も前にすすみません。
責任感をもって仕事をする人材を求めていますので、なので言い訳する人は来ないでください。

6約束を守れない人

約束を守れない人は信頼・信用出来ません。
信用出来ない人と一緒に仕事は出来ません。

7休みがちな人

なにかにつけて仕事を休む人はアテに出来ません。
先日も休みがちなアルバイトの女性をクビにしました。
仕事に慣れるまでも時間がかかりますし、仕事を覚えてもらうのも研修をしないといけません。
休みがちな人を研修しても会社として貢献してもらえる人材になりません。

8責任感のない人

全部人のせいにする人がいますが、一緒に働く中で責任を全く自分で負いたくない人は必要ありません。

9素行が悪すぎる人

生活態度が悪すぎたり、犯罪をおかしたりするような人と安心して一緒に働けないのでここには来ないでください。

10人と全くコミュニケーションが取れない人

仕事上コミュニケーションをとれる必要があります。

 

PAGE TOP